ダイハツ&トヨタが紙面を賑わした…新聞ウォッチ週末エディション

ダイハツ新体制について記者会見
ダイハツ新体制について記者会見全 6 枚

2月14~16日の[新聞ウォッチ]連載まとめ。ダイハツの新社長にトヨタ出身者、ダイハツの春闘要求、トヨタ時価総額と、トヨタグループを中心に記事は展開しました。(12日は休日、13日は休刊日)


ダイハツ再建、トヨタ主導で大丈夫? 引責辞任なしで経営刷新[新聞ウォッチ]2024年02月14日公開

「ダイハツ、社長更迭」(朝日)という刺激的なタイトルもあるものの、「引責辞任ではない」と、親会社であるトヨタ自動車の佐藤恒治社長が繰り返し否定したことからも、きょうの各紙は「経営刷新」(読売、毎日)や「ダイハツ社長ら5人退任」(産経)などと、やんわりと下見出しで報じている。だが、一連の認証不正についての明確な経営責任は一体全体どうなっているのか、首をかしげたくもなる。
https://response.jp/article/2024/02/14/379345.html




2024年春闘本格化---自動車大手「高水準」要求、ダイハツはベア見送り[新聞ウォッチ]2024年02月15日公開

トヨタ自動車やホンダなどの大手自動車メーカーの労働組合が、一斉に2024年春闘の要求書を経営側に提出し、賃上げ交渉が本格的に始まった。
https://response.jp/article/2024/02/15/379374.html




日本のGDPがドイツに抜かれ世界4位転落、トヨタは時価総額が(アジア)2位に浮上[新聞ウォッチ]2024年02月16日公開

2月15日の東京株式市場では、日経平均株価が大きく反発し、1990年1月以来、約34年ぶりに3万8000円を超えて取引を終えたという。
https://response.jp/article/2024/02/16/379408.html

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  6. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  7. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  8. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  9. ポルシェが「911ターボ」50周年を祝う…No. 1は特注の誕生日プレゼントだった
  10. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
ランキングをもっと見る