ホンダ CBR400R がスタイリング一新、装備も充実させ3月21日発売

ホンダ CBR400R(グランプリレッド)
ホンダ CBR400R(グランプリレッド)全 4 枚

ホンダは、ミドルクラスロードスポーツ『CBR400R』の外観を一新するとともに、装備を充実させ、3月21日に発売する。価格は86万3500円。

ホンダ CBR400R(マットバリスティックブラックメタリック)ホンダ CBR400R(マットバリスティックブラックメタリック)

CBR400Rは、水冷4ストロークDOHC直列2気筒399ccエンジンを搭載し、軽量コンパクトな車体パッケージで扱いやすさが好評のロードスポーツモデル。市街地走行からツーリングまで幅広く使えるモデルとして、若年のエントリーユーザーを中心に幅広く支持されている。

今回、「Modern Racing Art」を開発コンセプトとし、車体外装を構成するカウル類とヘッドライト、テールランプの形状を変更することで、スピード感あふれる外観に一新。左右のミドルカウルに設けたダクトの内側にはウイングレットを配置し、レーシングなスタイルを演出している。

ホンダ CBR400R(グランプリレッド)ホンダ CBR400R(グランプリレッド)

電装面では、滑りやすい路面での安心感に寄与するホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)を新たに搭載したほか、豊富な情報を見やすく表示する、5インチフルカラーTFTメーターを採用した。また、スマートフォンとの連携を可能にしたHonda RoadSyncを標準装備。ハンドルのセレクトスイッチや別売りのヘッドセットでの音声入力により、音楽再生やナビゲーションなどのアプリの操作が可能となった。

車体色は、レーシングイメージあふれるグラフィックデザインを採用した「グランプリレッド」と、シンプルでシャープなスタイリングを強調する「マットバリスティックブラックメタリック」の全2色を設定した。

ホンダ CBR400R(マットバリスティックブラックメタリック)ホンダ CBR400R(マットバリスティックブラックメタリック)

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する
  2. 女性向けキャンピングカー「Nomad Lux」デビュー 5月3日初公開
  3. ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
  4. シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
  5. レクサス最小の『LBX』は、「サイズ的ヒエラルキー」から脱却できたのか?
  6. サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
  7. トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
  8. トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
  9. “第3のLED”で手前を照射し全域を明るく、カーメイト・GIGAから最も明るいLEDヘッドバルブ発売
  10. なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
ランキングをもっと見る