アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる

ザガート AGTZ ツインテール
ザガート AGTZ ツインテール全 5 枚

イタリアのカロッツェリアのザガート(Zagato)は2月21日、『AGTZツインテール』をイタリア・ミラノで初公開した。

ザガート AGTZ ツインテールザガート AGTZ ツインテール

ザガートは1919年、イタリア・ミラノに設立された。航空機の機体開発から得た軽量設計ノウハウを生かし、1929年にアルファロメオ『6C 1750 GS』、1932年にアルファロメオ『8C 2300』など、数多くの名車を送り出してきた名門だ。アストンマーチンやマセラティとのコラボレーションでも、その名を世界に知らしめた。

AGTZツインテールは、ポーランドのスーパーカーディーラー「La Squadra」とザガートの提携により、開発されたモデルだ。コーチビルドならではの精巧なテクノロジーの新時代を標榜している。

ザガート AGTZ ツインテールザガート AGTZ ツインテール

AGTZツインテールのモチーフは、1968~1969年にルマン24時間耐久レースに参戦したアルピーヌ『A220』に求められた。ルマンでの勝利という高い目標を達成することはできなかったA220はその後、ロングテールを切り落とし、300mm短いショートテールデザインに変更された。そして、短距離レースやラリーに参戦し、表彰台に立っている。

AGTZツインテールは、アルピーヌ『A110』がベースだ。ダイナミックなデザインは、取り外し可能なリアボディによって、ロングテールとショートテールを切り替えることができる。限定19台を生産し、価格は税抜きで65万ユーロからだ。

ザガート AGTZ ツインテールザガート AGTZ ツインテール

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『4ランナー』新型にオフロード向け「TRDプロ」仕様を設定…ハイブリッド i-FORCE MAX 搭載
  2. アバルト『クラシケ1300 OT』、5台限定で生産へ…アルファロメオ 4C ベース
  3. シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
  4. たいへんだ! リコール後遺症、不正対策、工場稼働停止…新聞ウォッチ週末エディション
  5. VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
  6. MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
  7. かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
  8. スバル フォレスター Advance、アクティブにより使いやすく…利便性と安全性が向上[詳細画像]
  9. トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
  10. これが『MR2』後継モデル!? トヨタ最後のICEスポーツカーは『GRスープラ』以上の高額に?
ランキングをもっと見る