トヨタ『ヤリスクロス』の次期型なのか!?「アーバンSUV」市販モデルのデザインどうなる

「ヤリスクロス」次期型とも噂されるトヨタ アーバンSUVコンセプトの市販モデルを予想(予想CG)
「ヤリスクロス」次期型とも噂されるトヨタ アーバンSUVコンセプトの市販モデルを予想(予想CG)全 8 枚

トヨタ『ヤリスクロス』の次期型とも噂される『アーバンSUVコンセプト』。昨年12月の発表時点で、市販モデルが2024年に欧州市場で発売予定であることが明かされていた。この新型EVは、どのような姿でデビューするのか? そのデザインを予想する。

ヤリスクロスは、コンパクトハッチ『ヤリス』のSUVバージョンとして2020年に「GA-B」プラットフォーム採用してデビュー。すでに4年が経過しており、次期型の開発も進められていると思われる。それを示唆するコンセプトEVとして登場したのがアーバンSUVコンセプトだ。

現行型ヤリスクロスのボディサイズは、全長4180mm、全幅1765mm、全高1560mm。一方、アーバンSUVコンセプトは全長4300mm、全幅1820mm、全高1620mmとヤリスクロスよりもひと回り大きい。それでもトヨタが欧州で計画している6車種のEVの中で最もコンパクトで、かつ最もお手軽がモデルになるという。

アーバンSUVコンセプトの駆動方式はFWD(前輪駆動)とAWD(全輪駆動)とされている。デュアルバッテリー戦略を導入し、顧客はアクセス性や航続などのニーズに合わせて、容量の異なる2種類のバッテリーから選択することが可能だ。スペックは、シングルモーターによるFWDモデルが最高出力200ps、デュアルモーターによるAWDは同240psと予想される。

「ヤリスクロス」次期型とも噂されるトヨタ アーバンSUVコンセプトの市販モデルを予想(予想CG)「ヤリスクロス」次期型とも噂されるトヨタ アーバンSUVコンセプトの市販モデルを予想(予想CG)

その市販モデルの姿はどのようなものになるだろうか。デザイナーのTheottle氏の協力により予想CGを作成した。

最新トヨタデザインのアイコンであるハンマーヘッドを取り入れたフロントマスクは、市販モデルでも間違いなく継承されるだろう。ヤリスクロスで採用された印象的なドアのアンダーカバーも健在だ。ドアミラーはカメラによるデジタルミラーではなく、通常のタイプが標準となるはずだ。コンセプトの時点でもかなり実現度の高いデザインだったが、よりリアルさを増したと思うがいかがだろうか?

このアーバンSUVコンセプト、果たして次期型ヤリスクロスとして登場するのか? コンセプト通り、EVのみの展開となるのか? また日本での販売計画は…? ワールドプレミアに注目したい。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル レヴォーグレイバック 新型試乗】安全安全ってアピールするけれど、特別すごいの?…岩貞るみこ
  2. スズキ『KATANA』がピザカッターになった…「ピザカッターナ」2000個限定で予約販売
  3. ラジコンみたいなスポーツカー発売!? 英アリエルの新型『ノマド2』はオフロードもお手のもの
  4. 日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
  5. 『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
  6. 「コンパクトだけどフラッグシップ」な電動SUV、アルファロメオ『ジュニア・ヴェローチェ』[詳細画像]
  7. “車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
  8. 【スズキ スイフト MT車 新型試乗】あの「スイスポ」で味わった走行感覚が忘れられない…中村孝仁
  9. [海の日]ヤマハ発動機のボートはわかるけど、アバルトはこれかあ?!…人気記事ランキング
  10. ベンツマークが光る! 斬新ヘッドライト&巨大グリル装着、『Sクラス』改良新型はこう進化する
ランキングをもっと見る