サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~全 14 枚

1G(ワンジー、イチジー)締めというフレーズを聞いたことはあるだろうか。サスペンションにまつわる作業だが、これだけでハンドリングや乗り心地をグレードアップできる方法だ。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

◆ハンドリングに大きな影響が出る『1G』締めって何だ?

サスペンションアームはボディやサブフレームに取り付けられている。その根本にはゴム製などのブッシュが入れられていて、それをボルト&ナットで締め付けて固定されている。ここで問題になるのが、ブッシュのよれだ。

ジャッキアップした状態でサスペンションアームをきっちりと締め込むと、そこで固定されブッシュもその位置で固定される。ジャッキから下ろすとサスペンションアームは大きく沈み込む。このときにはブッシュのボディ側は元の位置のままで、アーム側がぐるりと沈んでブッシュがよじれてしまうのだ。

このブッシュのよじれが問題で、ブッシュが戻ろうとする力が発揮される。そのためにサスペンションは沈み込みにくい方向に左右する。乗り心地としては硬く感じられるのだ。そこで行われるのが1G締めと言われる作業。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

一旦ブッシュを締めているボルトを緩めてから、ジャッキから下ろす。1Gと呼ばれるクルマの重さをサスペンションが支えている状態にして、そのままサスペンションアームのボルトを締め込んでいく。こうすることで1G状態でブッシュが締め付けられるので、ブッシュによじれが発生しないのだ。

簡単なようだが、1G状態では下回りからアームを締めることができないので、台に乗せて1G状態にするなどが必要。その状態でボルトを締めることが大切なのだ。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

自動車メーカーでは多くの場合でアームが伸び切った、いわゆる0Gの状態でアームを締め付けている。一部1G状態を作り上げてから締めているメーカーもあるが、多くの場合は0Gで締めているのでブッシュがよじれている可能性が高い。そこで1G締めをしてあげるだけで乗り心地がよくなったりする可能性があるのだ。

1G締めだけを行うこともあるし、アライメント調整の仕上げとして1G調整をすればさらにハンドリングを改善しやすい。新車でもアライメントは完璧というわけではなく、ある程度ズレていることもある。そのあたりをきっちりと正してさらに1G締めをすれば乗り心地もハンドリングも改善できるのだ。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

チューニングのピロ化と呼ばれるものは、このブッシュを金属製のピロボールと呼ばれる関節に交換する。ピロボールは金属同士が支え合う構造でブッシュのようによじれることがない。なので、ストローク時に乗り心地に悪影響を与えることもないし、1Gで締め込む必要もないのだ。

◆状況によってはあえての『0G』締め! 違いはどこだ?

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

逆にこのブッシュのよじれを活かす方法もある。ワンメイクレースではサスペンションアームのブッシュをピロボール化するのは禁止されていることがほとんど。サスペンションも指定されていて、その多くの場合がかなり柔らかめにセッティングされている。もっとバネレートを高くできれば速く走れそう……、というときに行うのがあえての0G締めだ。

それもただの0Gではなく、ジャッキアップしてからアーム類をタイダウンで地面方向に引っ張る。できるだけサスペンションアームをだらりと伸ばした状態でブッシュを締め付けることで、1G状態でより多くのよじれが発生するようにする。こうすることでブッシュによる反力でバネレートが高くなったような効果が得られて、少しでも速く走れるのだという。こうした技はかなり特殊だが、昔から行われてきたもので、ブッシュを活かしたセッティング方のひとつでもある。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

ほかにもマルチリンク式サスペンションのようにブッシュが多くある構造の場合、わざと1Gで締める箇所と0Gで締める箇所を作ったりすることで、サスペンションが沈んでいくときのアライメント変化を変えることもある。このあたりもワンメイクレースで培われた技で、そういった細かい積み重ねが速さへとつながっていくのだ。

交換するパーツはなにもなく、純正のアームをいつどんな風に締めるかだけだが、これでも立派なチューニングになる。そのひとつが1G締めでプロのワザが光る作業でもある。気になる方はぜひプロショップでその効果などを相談して施工してもらいたい。

サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~

《加茂新》

加茂新

加茂新|チューニングカーライター チューニング雑誌を編集長含め丸15年製作して独立。その間、乗り継いたチューニングカーは、AE86(現在所有)/180SX/S15/SCP10/86前期/86後期/GR86(現在所有)/ZC33S(現在所有)。自分のカラダやフィーリング、使う用途に合わせてチューニングすることで、もっと乗りやすく楽しくなるカーライフの世界を紹介。

+ 続きを読む

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  2. 40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! BLITZオリジナルエアロキット・3アイテムが新登場
  3. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  4. アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
  5. シトロエン『C3エアクロス』新型、3列シートの7名乗りが初登場…欧州受注開始
  6. [15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
  7. 三菱の新型SUV『エクスフォース』、7月5日にフィリピン発売へ
  8. 史上最短で終了したニュル24時間耐久レースに雪辱を誓う──トーヨータイヤ「PROXES Slicks」が描いた頂点への道PR
  9. ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
  10. メルセデスベンツが自動車線変更機能を導入---欧州向け15車種
ランキングをもっと見る