トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も

トヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディション
トヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディション全 9 枚

トヨタ自動車は4月18日、新型車『ランドクルーザー250』シリーズを発売。同時に、特別仕様車「ZX ファーストエディション」と「VX ファーストエディション」を合わせて限定8000台で販売を開始した。

トヨタ・ランドクルーザー250 ZX(2.8Lディーゼル)トヨタ・ランドクルーザー250 ZX(2.8Lディーゼル)

新型250シリーズは、ランドクルーザーの中核モデルとして、悪路走破性を基本にしながら使いやすさを向上させ、多くの人々の生活を支えることを目指して開発された。開発陣は、高級・豪華路線にシフトしてきたランドクルーザー プラドの原点に戻すべく、「質実剛健」を追求する開発コンセプトを掲げた。

250シリーズの登場により、ランドクルーザーの3モデルのポジションが明確になり、車名も全車「ランドクルーザー」に統一された。新型車は、GA-Fプラットフォームを採用し、ランドクルーザー初の電動パワーステアリング(EPS)とSDM(Stabilizer with Disconnection Mechanism)を搭載。これにより、オフロードでの悪路走破性とオンロードの操縦安定性を両立させている。

トヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディショントヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディション

また、2.8リットルディーゼルエンジンと2.7リットルガソリンエンジンの2タイプのパワートレーンを設定し、フルタイム4WDによって高い走行性能を実現している。

特別仕様車ZXファーストエディションは、ZXグレードをベースに丸目型Bi-Beam LEDヘッドランプやマットブラック塗装のアルミホイールなどを特別装備。VXファーストエディションは、専用外板色や内装色を採用し、トヨタセーフティセンスやトヨタチームメイトを含む先進機能を付与している。

トヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディショントヨタ・ランドクルーザー250 ZX ファーストエディション

生産はトヨタ自動車田原工場と日野自動車羽村工場で行われ、ディーゼル車は520万円から735万円、ガソリン車は545万円。特別仕様車はZXファーストエディションがディーゼル車のみで785万円、VXファーストエディションはディーゼル車が700万円、ガソリン車が590万円。

なお250シリーズは、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO」でも利用可能で、月額5万0710円からの定額料金で提供されている。また、カスタマイズパーツも「JAOS」と「Toy-Factory」からリリースされており、個性的なカスタマイズが楽しめる。

トヨタ・ランドクルーザー250 ZX(2.8Lディーゼル)トヨタ・ランドクルーザー250 ZX(2.8Lディーゼル)

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  2. フィアット『パンダ』がファミリー拡大、『グランデパンダ』発表…新型コンパクトSUV
  3. 3車種を予告!! テスラの新型EV…ラインナップは合計9車種に拡大へ
  4. 日産 GT-R、北米向け生産を10月に終了…最終限定車「スカイライン・エディション」発表
  5. オイル添加剤で燃費向上? メリットとリスクを徹底検証~カスタムHOW TO~
  6. 大阪万博で“目玉”の 「空飛ぶクルマ」、スカイドライブが商用運航を断念[新聞ウォッチ]
  7. メルセデスマイバッハ、『S580』特別仕様を発表…専用のツートーンペイントやホイール
  8. 【ホンダ CB650R/CBR650R E-Clutch 試乗】“小さなおじさん”が入ってる!? ガツンと来ない「電光石火の変速」に驚いた…西村直人
  9. パジェロ 復活! 次世代SUVの詳細…ベストカーグラフィカ
  10. 【BMW 320d ツーリング 新型試乗】10年経っても一線級、乗用ディーゼルが生き残る術はないのか?…中村孝仁
ランキングをもっと見る