80年代GPマシンを現代に、ヤマハ『XSR900 GP』が143万円で5月20日に発売決定!

・ヤマハが新型「XSR900 GP」を5月20日に発売

・80年代GPマシン「YZR500」をオマージュしたデザイン

・先進技術と快適性を追求したライディング性能

ヤマハ XSR900 GP
ヤマハ XSR900 GP全 13 枚

ヤマハ発動機販売は、新型スポーツヘリテージモデル『XSR900 GP』を5月20日に発売する。価格は143万円。このバイクは、1980年代のGPファクトリーマシン『YZR500』を彷彿させるスタイリングで、ヤマハレースヒストリーの体現者として開発された。

XSR900 GPは、水冷4ストロークDOHC直列3気筒888ccエンジンを搭載し、クロスプレーンコンセプトに基づいたCFアルミダイキャストフレームに収められている。新外装は80年代のYZR500を現代に昇華させたデザインで、エアロダイナミクスの向上にも貢献している。

ヤマハ XSR900 GP(グレー)ヤマハ XSR900 GP(グレー)

ライディングポジションは一新され、セパレートハンドルの採用やフットレストの位置調整により、スポーティな乗車感と快適性を両立。また、車体剛性のチューニングにより、旋回中の安定感が向上している。

専用開発されたKYB製フルアジャスタブルサスペンションや、コントロール性を高めたブレーキホースを装備。YRC(ヤマハライドコントロール)や第3世代QSS(クイックシフトシステム)などの走行支援テクノロジーも搭載されている。

アッパーカウルの上端部とフレームを繋ぐステーは丸パイプで構成アッパーカウルの上端部とフレームを繋ぐステーは丸パイプで構成

5インチフルカラーTFTメーターは、ナビ画面にも対応。専用アプリ「Y-connect」や「Garmin StreetCross」を使用することで、スマートフォンと連携し、多様な情報を表示できる。

さらに、小径LEDヘッドランプやアジャスター機構付きクラッチレバー、USB Type-Cソケットなど、便利な機能・装備も充実している。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  2. BMW『2シリーズクーペ』改良新型…内装を刷新、欧州発表
  3. 伝説のYZRが蘇る、ヤマハ『XSR900 GP』最新カスタムプロジェクトを公開
  4. スーパーワゴンが14年ぶりに復活! BMW『M5ツーリング』最終デザインを大予想
  5. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  6. BMW M5 新型、間もなくデビューへ…ティザー写真を公開
  7. [15秒でわかる]ドゥカティ『RR24I』…週末世界をイメージしたデザイン
  8. デジタルミラー・ドラレコ・車載カメラの熱対策に、新発想の折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3」が登場
  9. ポルシェ初のハイブリッド、『911カレラGTS』改良新型…ルマン勝利から得た技術を活用
  10. 軽井沢プリンスホテルに新アトラクション、ネクストクルーザーEV導入
ランキングをもっと見る