三菱『デリカD:5』ついにフルモデルチェンジへ! 車名は「D:6」!? 2025年内発表か

三菱 デリカD:6(デリカD:5後継モデル)予想CG
三菱 デリカD:6(デリカD:5後継モデル)予想CG全 8 枚

三菱『デリカD:5』は、SUVの高い走破性とミニバンの実用性を融合した世界でも珍しい「オールラウンダーミニバン」だ。2007年に登場した現行モデルは、改良を重ねながら現在に至っているが、いよいよフルモデルチェンジが迫っている。

同社は2023年10月のジャパンモビリティショーで、後継モデルを示唆するコンセプトモデルの「MITSUBISHI D:X Concept」を発表。さすがにここまでの未来的なデザインが実現するとは誰も思わなかったかもしれないが、後継モデルはキープコンセプトをベースに電動化技術などが投入され生まれ変わることになりそうだ。

三菱D:Xコンセプト(ジャパンモビリティショー2023)三菱D:Xコンセプト(ジャパンモビリティショー2023)

次期型では、新世代プラットフォームを採用、全長4800mm、全幅1800mmとボディが拡大され、居住空間が向上するとともに、安定した高速走行を実現する。

注目は「電動化」だ。パワートレインは、『アウトランダーPHEV』にも搭載されている2.4リットル直列4気筒「MIVEC」エンジンにデュアルモーター(前後2つのモーターによる4WD)、20kWhリチウムイオンバッテリーを積むプラグインハイブリッドモデルだけでなく、EVも用意するという。こちらもデュアルモーターによる4WDで高い走破性を実現しながら、1回の充電での航続距離600kmを目指すというから驚きだ。つまり次期デリカD:5は、電動専用モデルへと生まれ変わる。

三菱がもつ高い4WD性能、『パジェロ』が培ってきた信頼のSUVイメージ、そして電動化技術と、三菱の強みをすべて注ぎ込んで誕生するのが次期デリカD:5というわけだ。

三菱 デリカD:6(デリカD:5後継モデル)予想CG三菱 デリカD:6(デリカD:5後継モデル)予想CG

そして気になるのがデザイン。画像はスクープ班が作成した予想CGだが、コンセプトの要素を取り入れながらワンモーションフォルムのミニバンに仕上げた。フェンダーモールは大型化し、よりSUVらしさを強調。かつての大ヒットモデル『デリカ スターワゴン』や『デリカ スペースギア』への原点回帰を思わせるツートーン風の処理とした。またヘッドライトと前フェンダーモールを一体化した、新しいダイナミックシールドの表現はコンセプトからのアイデアだ。

インテリアは、タフギアらしい使い勝手と快適さを両立した、全く新しいデジタル空間となるだろう。進化した運転支援機能「MI-PILOT」(マイパイロット)は、三菱車とは切っても切り離せないロングドライブの安心感、快適性を高めてくれるはずだ。

そんな次期デリカD:5のワールドプレミアは、2025年内。「D:6」へと改名されることが予想されている。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る