「第2のコスワースになりたかった」ヤマハ、F1への挑戦を当時のエンジニアが語る

ヤマハ発動機公式チャンネル「語り継ぐ言葉~VOICES to Remember~」より
ヤマハ発動機公式チャンネル「語り継ぐ言葉~VOICES to Remember~」より全 3 枚

ヤマハ発動機が、1997年のF1撤退以来となる4輪レースの世界に再び挑む。3月28日、最高峰のEVレース「フォーミュラE」に2025年より電動パワートレインの開発・供給をおこなうと発表したことで話題となった。これに合わせてヤマハは、かつてF1に参戦した8年間、全116戦におよぶチャレンジの裏側を、当時のエンジニアたちの言葉で振り返るインタビュー動画を公開した。

当時のF1エンジンプロジェクトリーダー木村隆昭さん当時のF1エンジンプロジェクトリーダー木村隆昭さん

ヤマハエンジニアたちの開発にかけた思い、情熱を未来へと紡ぐことをねらいとしたヤマハ発動機公式チャンネルの「語り継ぐ言葉~VOICES to Remember~」シリーズで公開されたもの。Vol.9、Vol.10の2回にわたる前後編で、当時のF1エンジンプロジェクトリーダー木村隆昭さん、F1エンジン開発設計担当の飯倉雅彦さんが、F1参戦のねらいや当時の裏話が語られている。

「第2のコスワースになりたかった」「V12エンジンのレイアウトをたった一人で描き上げた」「10気筒エンジンの開発には社内での猛反対があった」など衝撃のエピソードが次々と飛び出す中、パートナーであったブラバム、ジョーダン、ティレル、アロウズとの関係性も語られる。

当時のF1エンジン開発設計担当の飯倉雅彦さん当時のF1エンジン開発設計担当の飯倉雅彦さん

また「軽くて小さなエンジンの優位性」「レース活動において“負のサイクル”を“正のサイクル”に変えた方法」など、現在のヤマハのエンジン開発にもつながるエピソードは、当時のF1シーンを知らずとも興味深いものとなるだろう。2025年のフォーミュラEに向けた予習として、エンジニアの教本として、またあらゆる乗り物ファンにとっても楽しめるコンテンツとなっている。

■語り継ぐ言葉 Vol.09:F1(前編)

■語り継ぐ言葉 Vol.10:F1(後編)

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  2. なぜ? 未来の『デリカ』がPHEVの理由…ジャパンモビリティショー2023で世界初公開
  3. 三菱『デリカD:5』ついにフルモデルチェンジへ! 車名は「D:6」!? 2025年内発表か
  4. 10年ぶりの125cc復活、KTMのエンデューロ「EXCシリーズ」2025年モデルを発表
  5. BMW X3 新型に「M50 xDrive」、Mパフォーマンス最強の6気筒は398馬力…欧州設定
  6. BMW『1シリーズ 』新型…4代目はスポーティさに磨きがかかる[詳細画像]
  7. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「音質を変える」か「音響環境を整える」か。
  8. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  9. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  10. メルセデス旗艦SUV『GLS』がダウンサイジング!? 電動化でV8と決別か、デザインを予想
ランキングをもっと見る