NOKが電動車向け新技術を発表予定…人とくるまのテクノロジー展 2024

NOKブースイメージ
NOKブースイメージ全 3 枚

NOKは、5月22日から24日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」に出展する。

圧力開放弁シリーズ圧力開放弁シリーズ

NOKグループは「Essential Core Manufacturing - 社会に不可欠な中心領域を担うモノづくり」を掲げ、今回の展示会では「New Innovation Technology」をテーマに、電動車(EV)のニーズに応える新規開発部材・部品を初展示する。注目されるのは、新開発の「自己潤滑ゴム」だ。

「自己潤滑ゴム」は、低摩擦を実現し環境負荷を軽減する新ゴム材料である。オイルシールを始めとするシール製品の摩擦を従来の平均約30~40%低減可能なこのゴム材料は、潤滑油の国内トップメーカーであるENEOSと共同開発された。ゴムの配合を工夫することで、分子スケールで界面を制御し、低摩擦かつ密封機能を発揮する。このゴムを用いた低摩擦シール製品は、しゅう動発熱が低く、劣化しにくいため、製品の長寿命化が期待できる。また、EVのモーターやeアクスルなどの電費向上にも貢献する。

パシフィコ横浜パシフィコ横浜

さらに、EVのバッテリーケースに取り付ける「圧力開放弁シリーズ」も初展示される。この部品は、バッテリー内の熱暴走により多量のガスが発生した場合に、適正量のガスを外部へ逃す役割を果たす。バッテリーケースの大きさや取り付け方法、ガス量に応じて異なる5種類の製品が紹介される。

また、デバイスの熱マネジメントに適した「熱伝導部材シリーズ」や、高放熱と高耐熱を兼ね備えた「絶縁熱伝導樹脂」、バッテリー性能低下を制御する「セル間断熱・弾性ゴムシート」も展示される。これらの新技術は、EVの性能向上と安全性の確保に大きく寄与することが期待される。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
  2. 『セリカ』はGRで復活か? エンジンは?---トヨタの名車が再登場
  3. 【スバル クロストレック 新型試乗】いい道具は、かよわき乙女を守ってくれるのか?…岩貞るみこ
  4. VWが5月31日に新型車発表…『ゴルフGTI』改良新型に「クラブスポーツ」を設定か
  5. アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
  6. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  7. フェラーリ『12チリンドリ』..V12フラッグシップは彫刻的なデザインに[詳細画像]
  8. スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
  9. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
  10. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
ランキングをもっと見る