アウディRS4アバント、470馬力に強化…25周年記念モデルは限定250台生産

アウディRS 4アバント・エディション25イヤーズ
アウディRS 4アバント・エディション25イヤーズ全 5 枚

アウディは5月28日、高性能ワゴン『RS4アバント』の25周年を記念して、特別モデル「RS4アバント・エディション25イヤーズ」(Audi RS 4 Avant edition 25 years)を欧州で発表した。

アウディRS 4アバント・エディション25イヤーズアウディRS 4アバント・エディション25イヤーズ

このモデルは『A4』シリーズのパフォーマンスフラッグシップとして、印象的な走行ダイナミクスを備える。内外装には専用のデザインが施され、象徴的なイモライエローのカラーが特徴。RS 4アバント エディション25イヤーズは、限定250台の生産となる。

1990年代にアウディは、アウディ『アバントRS2』やアウディ『S6プラス』でスポーティなワゴンの概念を確立した。しかし、初のRSモデルは1999年に登場したB5世代のRS4アバントだった。このモデルは、コスワースと共同開発した2.7リットル6気筒ツインターボエンジンを搭載し、当時としては驚異的な280kW(380PS)の出力を誇った。2001年には、さらにスポーティな『RS4スポーツ』が市場に投入された。

アウディRS 4アバント・エディション25イヤーズアウディRS 4アバント・エディション25イヤーズ

今回のRS 4アバント・エディション25イヤーズは、現行「B9」シリーズの中で最もスポーティなバージョンだ。エンジンは15kW(20PS)出力が向上し、V6ツインターボエンジンは346kW(470PS)を発揮する。最大トルクは600Nmで、0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は300km/hに達する。RSセラミックブレーキシステムやマットブラックのテールパイプを備えたRSスポーツエキゾーストシステムプラスも標準装備されている。

サスペンションにはRSスポーツサスペンションプロが採用され、手動で調整可能なサスペンションがダイナミクスと快適性を両立させる。車高はRS 4アバントより10mm低く、さらに手動で10mm低下が可能。クワトロスポーツディファレンシャルや改良されたトランスミッション制御ユニットも搭載され、より迅速なシフトチェンジと多様な走行モードが楽しめる。

アウディRS 4アバント・エディション25イヤーズアウディRS 4アバント・エディション25イヤーズ

デザイン面では、イモライエローの他にナルドグレーとミトスブラックが選択可能で、ブラックのアクセントが施される。内装には黄色の装飾ステッチが施され、2001年のRS4スポーツを彷彿とさせるデザインが取り入れられている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  2. アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載
  3. 日産『ノートオーラ』がマイナーチェンジ、90周年記念車と“大人のオーラ”「AUTECH」も新設定
  4. 新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. [15秒でわかる]日産『キャシュカイ』改良新型…e-POWER設定
  7. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  8. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  9. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  10. いすゞのSUV『MU-X』に改良新型、表情一新…タイからグローバル展開へ
ランキングをもっと見る