怪物エンジンをさらに強化…HKSがトヨタG16E-GTSエンジン用排気量アップキットを発売

BCD PISTON FULL KITG16E 1.75L L-COMP S3
BCD PISTON FULL KITG16E 1.75L L-COMP S3全 5 枚

チューニングパーツメーカー・HKSがトヨタ「G16E-GTS」エンジン用排気量アップキットを発売。フルキットが税込み価125万4000円のほか、ピストンキット・コンロッドセット・クランクシャフトセットなど、各パーツの個別販売も設定されている。販売開始は7月12日より。

BCD PISTON KITG16E 1.75L L-COMP S3 ⌀88BCD PISTON KITG16E 1.75L L-COMP S3 ⌀88

同製品はトヨタ『GRヤリス/GRカローラ搭載のG16E-GTSエンジン専用の排気量アップキットで、ボアはほぼ純正と同値ながらストロークを6mm伸ばし、排気量は1746ccへと拡大される。

ピストンには高温強度の高いA2618材を採用することで薄肉化が可能となり、削り出しで製作することで駄肉を削ぎ落として軽量化も実現。BCD・ブリッジ構造を採用し構造的にも剛性を向上。軽量化との両立を実現している。3本のオイルジェットの冷却用オイルを適正な場所へ誘導し、効率的な冷却を可能にしている。2層式コーティングを施すことで、対焼き付き性の向上とフリクションの低減を実現しているほか、ピストンピンの短縮と適正肉厚専用ピン設定による軽量化も図られている。トップリングにはチタンコートも施され耐久性も向上。

BCD PISTON KITG16E 1.75L L-COMP S3 ⌀88BCD PISTON KITG16E 1.75L L-COMP S3 ⌀88

コンロッドにはニッケルクロム鋼の削り出しI断面を採用し、直径24mmピストンピンに対応。純正に対して約25%の強度アップを実現し、疲労強度の向上のため、表面にWPC処理が施されている。

クランクはクロム鋼の削り出しフルカウンターとし、効率の良いカウンターウエイトの配置とピン部の軽量化で慣性重量を低減。バランサーシャフトを取り外してレスポンスを向上させ、バランス率50%で3気筒特有の振動の抑制を実現している。なお、純正バランサーシャフトは使用できないので注意。

CONROD SET G16E STEP3CONROD SET G16E STEP3

【諸元(純正→HKS 1.75Lキット)】
ボア:87.5mm→88.0mm
ストローク:89.7mm→95.7mm
排気量:1618cc→1746cc
圧縮比:10.4→10.2(t=0.79)

CRANK SHAFT G16E 1.75L STEP3CRANK SHAFT G16E 1.75L STEP3

BCDピストンフルキット・G16E 1.75L LOW-COMP STEP3[21004-AT010]
価格:125万4000円(税込)
※ピストン基本径:直径88mm/ピストン重量:314g
BCDピストンキット・G16E 1.75L LOW-COMP STEP3 直径88mm[21003-AT008]
価格:27万600円(税込)
※削り出し・二層モリブデンコート
コンロッドセット・G16E STEP3[23004-AT003]
価格:15万6200円(税込)
クランクシャフトセット・G16E STEP3[23006-AT004]
価格:85万8000円(税込)
※ストローク95.7・削り出しフルカウンター
ピストンリングセット T3 直径88mm[21005-AT003]
価格:2万7500円(税込)
※トップリングはチタンコーティング
ピストンピンセット 直径24-14mm L56[21005-AK011]
価格:1万120円(税込)

《ヤマブキデザイン》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  2. アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載
  3. 日産『ノートオーラ』がマイナーチェンジ、90周年記念車と“大人のオーラ”「AUTECH」も新設定
  4. 新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. [15秒でわかる]日産『キャシュカイ』改良新型…e-POWER設定
  7. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  8. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  9. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  10. いすゞのSUV『MU-X』に改良新型、表情一新…タイからグローバル展開へ
ランキングをもっと見る