プロジェクトは実証段階、トヨタ『ハイラックス』の燃料電池車…最新プロトタイプ発表

トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ
トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ全 5 枚

トヨタ自動車は6月7日、ピックアップトラック『ハイラックス』がベースの水素燃料電池車、「ハイラックスFCEV」の最新プロトタイプを欧州で発表した。

トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプトヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ

このプロジェクトは現在、最終ステップの実証段階に進んだ。これはトヨタがゼロカーボン未来に向けた一歩を示す重要なマイルストーンになるという。

2023年9月に最初のプロトタイプ車両が公開されて以来、トヨタとそのパートナーは、英国政府の資金援助を受けて集中的な評価と実証段階に入った。この共同開発プロジェクトの最新の進展は、トヨタのカーボンニュートラルに向けた多様な戦略をさらに示している。トヨタは、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EV、燃料電池車、e-燃料といった異なる動力源を、ユーザーのニーズや地域のインフラに応じて適用している。

トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプトヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ

現在、トヨタモーターマニュファクチャリングUK(TMUK)のダービー工場で10台のプロトタイプが製造されている。そのうち5台は安全性、性能、機能性、耐久性を評価するための厳格なフィールドテストを受けており、実際の走行データを収集している。さらに5台は顧客やメディア向けのデモンストレーションに使用され、2024年のパリオリンピック・パラリンピックでも展示される予定。これにより、トヨタは将来の水素輸送の成功に向けた基盤を築いている。

トヨタは30年以上にわたる水素燃料電池の研究開発を行っており、このプロジェクトから得られたノウハウは次世代の燃料電池技術に生かされる。これにより、車両の寿命が延び、航続が増加し、コストが削減される見込みだ。

トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプトヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ

トヨタは2030年までに欧州が最大の水素燃料電池市場の一つになると予測しており、モビリティや発電用途での成長が期待されている。そのため、2023年12月にトヨタモーターヨーロッパ(TME)は「Hydrogen Factory Europe」を発表し、開発から生産、販売、アフターサービスまでの一貫した商業化アプローチを示した。

このプロトタイププロジェクトは、水素技術のさらなる発展と欧州全体での水素システムとインフラの普及を促進する重要なステップだ。動力はトヨタ『ミライ』の技術を使用しており、600kmの航続を実現している。水素は3つの高圧燃料タンクに7.8kg搭載され、燃料電池スタックは330セルを含み、後輪駆動で最大出力182hpと、最大トルク300Nmを発揮する。走行中に排出されるのは水のみだ。

トヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプトヨタ・ハイラックス の燃料電池車の最新プロトタイプ

リチウムイオンハイブリッドバッテリーは、燃料電池が生成した電力を蓄え、キャビンスペースを損なわないように後部荷台に配置されている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  2. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  7. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  8. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  9. ブリッツのエキゾーストシステム「ニュルスペック・カスタムエディション」に『N-BOXカスタム』用を追加
  10. トヨタ製の新型スーパーカー、いよいよ市販化へ!GRかレクサスか、テストで響くV8ターボの咆哮
ランキングをもっと見る