タトラ伝統のオフロード性能を追求…新型トラック『フェニックス』発表

タトラ・フェニックス
タトラ・フェニックス全 4 枚

チェコに本拠を置くタトラは6月6日、新型トラック『フェニックス』をワールドプレミアした。1850年設立のタトラの最新モデルだ。

タトラ・フェニックスタトラ・フェニックス

フェニックスは、従来モデルと同様に、タトラのデザイナーの技術と創意工夫、実績あるシャシー、長年のパートナーのオランダのDAFトラックスのキャビンとエンジン、ZFのギアボックスやアリソンの技術が融合されている。

フェニックスは、「DAF XDC」キャビン(コンストラクションシリーズ)を採用しており、安全性、耐久性、快適性を最大限に考慮して開発された。キャビンは短い「デイ」バージョンと延長された「スリーパー」バージョン、さらには一つまたは二つのベッドを備えたスリーパー・バージョンも用意される。デジタルダッシュボードを採用している。

タトラ・フェニックスタトラ・フェニックス

シャシーは、センターバックボーンチューブにドライブシャフトとデファレンシャルを収納し、独立したエアサスペンションのスイングハーフアクスルによって、伝統のオフロード性能を追求している。基本的なシャシー構成は4x4、6x6、8x8、8x6で、四軸バージョンも1+3構成で用意される。

フェニックスは、最新の「Paccar」エンジン(「MX-11」および「MX-13」シリーズ)を搭載し、最新の技術とデザインを取り入れている。エンジンは300kWから390kWの出力バージョンがあり、ZF の「TraXon」自動変速機が標準装備される。

タトラ・フェニックスタトラ・フェニックス

さらに、フェニックスは、自動ワイパー制御システム、コーナービューシステム、デジタルビジョンシステムなどが搭載されており、安全性と快適性が向上している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  4. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る