テスラ『モデルY』、年内の改良新型発表はナシ…マスクCEO

テスラ・モデルY
テスラ・モデルY全 5 枚

テスラのイーロン・マスクCEOは6月9日、電動SUVでEVの『モデルY』について、年内に改良新型を発表しないと明言した。

テスラ・モデルYテスラ・モデルY

モデルYは、テスラの最量販モデルだ。テスラは2023年、グローバル累計で180万台の生産を達成し、その中でもモデルYが120万台を納車したと発表した。これにより「地球上で最も売れている自動車はモデルY」、とアピールしている。

テスラが2023年に取り組んだ生産体制の改善は、テスラが目標に掲げる持続可能なエネルギーへの移行を加速させる上で大きな一歩となった。ギガファクトリーの効率化により、グローバル累計で180万台の生産を達成し、その中でもモデルYは120万台を超える納車台数を記録した。

テスラ・モデルYテスラ・モデルY

マスクCEOは、このモデルYに関して、年内に改良新型の発表は行わないと明言した。モデルYと車台などを共用している『モデル3』は、すでに改良新型を発表済み。しかし、モデルYについては、現行型のまま2025年を迎えることになりそうだ。なお、マスクCEOは、「テスラは(発表していないものも含めて)継続的に改良を行っている」、としている。

テスラ・モデルYテスラ・モデルY

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  4. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  7. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  8. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る