マツダ3に2025年型、アマゾン「アレクサ」車載化…今夏米国発売へ

マツダ3(米国仕様)
マツダ3(米国仕様)全 4 枚

マツダは2025年モデルの『マツダ3』のハッチバックを今夏、米国市場で発売する。マツダの米国部門が6月6日に発表した。

マツダ3(米国仕様)マツダ3(米国仕様)

マツダ3は、コンパクトカーとしての魅力的な走行性能と洗練されたデザインを兼ね備えている、と自負する。2025年モデルは複数のパッケージオプションが用意され、顧客のライフスタイルや運転の好みに応じて選択できる。

「2.5 S」グレードは、最大出力191hp、最大トルク186lb-ftの自然吸気「Skyactiv-G」2.5リットルエンジンを搭載している。トランスミッションは6速オートマチックと「SkyActiv-MT」6速マニュアルから選択可能。その他の標準装備には前輪駆動(FWD)、気筒休止技術、Gベクタリングコントロールプラスが含まれる。

マツダ3(米国仕様)マツダ3(米国仕様)

「2.5 Sセレクトスポーツ」は、マツダアドバンストキーレスエントリー、雨感知ワイパー、デュアルゾーンオートエアコン、カップホルダー付きリアアームレスト、ドアミラーターンシグナルなどが含まれる。デザイン面では、ブラックレザーシート、レザーステアリングホイールとシフトノブ、18インチアルミホイールがブラック仕上げで装備される。

2.5 Sセレクトスポーツパッケージ以上のモデルには、アマゾンの「アレクサ・ビルトイン」が新たに搭載され、ハンズフリーでの操作が可能となる。これにより、温度調整やラジオ局の変更、スマートホームデバイスの操作が車内から行える。

マツダ3(米国仕様)マツダ3(米国仕様)

「2.5 Sプレミアムパッケージ」は、Boseの12スピーカーオーディオシステム、SiriusXM衛星ラジオ、アクティブドライビングディスプレイ、アダプティブフロントライティングシステム、無線でアップデートが行える最新ナビ「Mazda Online Navigation」などが装備されている。シートはブラックまたはレッドのレザーが選択可能で、18インチアルミホイールとLEDヘッドライトおよびテールライトが標準装備される。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フェラーリ『12チリンドリ』日本上陸…フェラーリと言えば12気筒、12気筒と言えばフェラーリ
  2. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  3. トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
  4. アバルトがボートになった! 世界限定500艇…新型『オフショア』発表
  5. ウルトラスポーティ?! フィアットの小型ピックアップトラック『ストラーダ』に新仕様
  6. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  7. 日産が車中泊モデル「MYROOM」ラインアップ拡充---バネットを投入予定
  8. オフロード性能を極めたバス、「世界で最も頑丈」と標榜…チェコのトルサスが新型を発表
  9. 「特大グリル」ついに装着!? 世界に誇る『Sクラス』マイナーチェンジで驚きの進化へ
  10. テスラ『サイバートラック』が警察のパトロール車両に…年内に米国で納車開始へ
ランキングをもっと見る