ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか

ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚

『911カレラ』、『カレラGTS』の改良モデルを発表したばかりのポルシェが、911シリーズに新たなモデルを追加する可能性が浮上している。ニュルブルクリンクで目撃されたワイドボディをまとった謎のプロトタイプの正体とは?

ニュルブルクリンクで捉えた謎の911は、一目で「ターボ」のワイドボディと判別できるものの、リアフェンダーの冷却インテークは偽装パネルで覆われている。フロントバンパーの両サイドには水平バーのインテークが装着されているが、これも偽装。よく見ると、その奥にはGTSと同じ縦基調のアクティブヴェイン(羽)がある。

ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)

リアセクションには、角型のクワッドエキゾーストパイプもはっきり見えるが、ターボの固定式リアウイングは見当たらず、チグハグなスタイルだ。カメラマンによると、911より高速だが、ターボほどマッチョなルックスではないという。

エンジンリッドにボルトで固定された巨大なスポイラーは、1974年に初めて登場して以来ターボパッケージの一部として過去25年間継承されているが、このプロトタイプには新しいカレラとGTS(オプションのエアロキットなし)と同じウイングが装着されている。これは、高速走行時にはダウンフォースを提供するために隆起するが、低速時には完全に収縮してよりすっきりとしたシルエットになるシステムだ。一体この謎の911は何者なのか?

ポルシェはその存在を認めていないが、数年前からRWDのマニュアルターボ「911ターボツーリング」が計画されているという噂が飛び交っており、今回のプロトタイプがそれである可能性が高いという。

ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ 911ターボ ツーリングと予想されるプロトタイプ(スクープ写真)

「ツーリング」といえば、911 GT3に設定された「911 GT3ツーリングパッケージ」が記憶に新しい。これは1973年モデルの『911カレラRS』に用意された仕様がルーツで、当時は純粋な911デザインとクラシックなインテリア装備に焦点が当てられていた。これを踏襲し、リアウイングを廃止した911らしいスタイルのままに、ハイパフォーマンスを実現するという個性的なモデルとして人気を博した。この考え方をターボにも採り入れるのではないか、というのが大方の予想だ。

登場すればヒット間違いなしのモデルだけに、ファンの関心度も高いだろう。登場時期などは不明だが、このモデルの正体が判明次第、お伝えしていこう。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 本物のGTR GT-3をストリート仕様に!度肝を抜いたMoontechの超絶カスタム、週末のFENDERISTにも出展
  4. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  5. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  6. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  7. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  8. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  9. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  10. “平成の怪物”R32 GT-Rがホットウィールで復活! ゴジラのプリントがニクイぞ、熱風を巻き起こす新製品に注目PR
ランキングをもっと見る