生産終了を撤回、ジープ『ラングラー』最強の470馬力V8搭載「392」を米2025年型でも継続

ジープ・ラングラー 392 の2025年モデル
ジープ・ラングラー 392 の2025年モデル全 2 枚

ジープは6月18日、SUV『ラングラー』の高性能モデル「ラングラー392」(Jeep Wrangler 392)の2025年モデルを米国で発表した。これは、最も速く、最も強力なラングラーとして知られるモデルであり、ファンの強い要望に応えて再登場することになった。

ジープ・ラングラー 392 の2025年モデルジープ・ラングラー 392 の2025年モデル

ジープブランドの北米担当、ビル・ペファー副社長は、「3月にラングラー392が生産終了するというニュースが流れた際、ジープファンからの反響が非常に大きかった。これに応え、2025年モデルでもラングラー392ファイナルエディションを継続することを決定した」と述べた。

2025年モデルのラングラー392は、クラス唯一の6.4リットル「HEMI」V8エンジンを搭載し、470hpと65kgmのトルクを発揮する。0-96km/h加速は4.5秒で駆け抜ける性能を持つ。また、標準装備として8000ポンドの牽引能力を持つWarnウィンチ、11.6インチの最低地上高、34.5インチの水深を渡る能力、ヘビーデューティーなロックスライダーなどが含まれている。

さらに、2速トランスファーケース、フルタイム四輪駆動、Tru-Lok電子ロッキングディファレンシャルを備えたヘビーデューティーなワイドトラックDana 44アクスルなど、どんな条件でもオフロード性能を発揮するという。

2025年モデルのラングラー392ファイナルエディションは、2024年モデルと同様の標準装備を引き続き採用する。専用のフードとフェンダーベントデカール、ブラックナッパレザーのトリムシート、特別にモノグラムされたシフターメダリオンとスイングゲートプレート、0.5インチのサスペンションリフト、Moparの折りたたみ式スイングゲートテーブル、ブロンズの17インチビードロック対応ホイールと35インチBFGoodrichオールテレーンタイヤを装備している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル レヴォーグレイバック 新型試乗】安全安全ってアピールするけれど、特別すごいの?…岩貞るみこ
  2. スズキ『KATANA』がピザカッターになった…「ピザカッターナ」2000個限定で予約販売
  3. ラジコンみたいなスポーツカー発売!? 英アリエルの新型『ノマド2』はオフロードもお手のもの
  4. 日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
  5. 『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
  6. 「コンパクトだけどフラッグシップ」な電動SUV、アルファロメオ『ジュニア・ヴェローチェ』[詳細画像]
  7. “車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
  8. 【スズキ スイフト MT車 新型試乗】あの「スイスポ」で味わった走行感覚が忘れられない…中村孝仁
  9. [海の日]ヤマハ発動機のボートはわかるけど、アバルトはこれかあ?!…人気記事ランキング
  10. ベンツマークが光る! 斬新ヘッドライト&巨大グリル装着、『Sクラス』改良新型はこう進化する
ランキングをもっと見る