ぴかぴか! 航続120kmの電動バイク『アンセム』をカスタム、金属研磨のカウル装着…ライヴィッド

米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様
米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様全 5 枚

米国カリフォルニアに拠点を置く電動バイクメーカーのライヴィッドは6月19日、ラスベガスのカスタムバイクビルダーのクリスチャン・ソーサと提携し、ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様を発表した。

米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様

クリスチャン・ソーサは、バイクの金属加工で知られている。今回が初めての電動バイクのカスタムプロジェクトとなった。アンセムのカスタムプロジェクトでは、金属研磨のカウルが目を引く。

クリスチャンが新しいプロジェクトに取り組む際、彼は常に未来のクラシックマシンの姿を想像する。アンセムのモダンなデザインに惹かれた彼は、モーターとトランスミッションを中心にデザインするのではなく、折りたたみ式のスチールフレームと取り外し可能なバッテリーに焦点を当てた。

米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様

アンセムには、蓄電容量4.3kWhの取り外し可能なバッテリーを搭載する。これにより、72Vの空冷ブラシレスDCモーターを駆動する。また、シートの高さをスイッチひとつで調整できる。

アンセムの最高速は120km/h。1回の充電で最大120kmの航続を可能にした。軽量な設計と低重心により、優れたハンドリング特性を持つ、と自負する。アンセムは高さ調整可能なシートを装備しており、幅広いライダーが快適に乗ることができる。また、電動パワーの利点として、リバースドライブ機能があり、ボタンひとつでバイクを後退させることができる、としている。

米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様米ライヴィッドの電動バイク『アンセム』のカスタム仕様

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スズキ スイフト MT車 新型試乗】あの「スイスポ」で味わった走行感覚が忘れられない…中村孝仁
  2. スズキ『KATANA』がピザカッターになった…「ピザカッターナ」2000個限定で予約販売
  3. [夏のメンテナンス]あなたの運転がエンジンを傷める? クルマに優しい運転法を紹介
  4. アウディ『A5』新型、7月16日発表へ…新モデル20車種の先陣に
  5. ベンツマークが光る! 斬新ヘッドライト&巨大グリル装着、『Sクラス』改良新型はこう進化する
  6. スズキ『ジムニー』欧州向け生産終了へ、ドイツ限定900台の「ホライゾン」発表
  7. マツダ『CX-50』にトヨタ製ハイブリッド搭載、燃費40%向上…米2025年型
  8. 美しき初代『シルビア』が高原を駆け抜ける…CSP311オーナーズクラブ総会
  9. 15歳から運転できる超小型EV『Silence S04』スペインから誕生、バッテリーは交換式
  10. グッドルッキンな“ワンポイント・ドレスアップパーツ”を紹介!【特選カーアクセサリー名鑑】
ランキングをもっと見る