BMW X3 新型にPHEV「30e xDrive」、EVモードの航続は90kmに拡大…欧州設定

BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」
BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」全 5 枚

BMWは6月19日、SUVの『X3』新型に、欧州でプラグインハイブリッド(PHEV)の「30e xDrive」を設定すると発表した。

BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」

●システム出力は299hp

30e xDriveには、2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンと、8速ステップトロニックトランスミッションに統合された電動モーターを組み合わせたPHEVシステムを搭載している。システム出力は最大で299hpに達する。

BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」

最新世代のBMW eDrive技術とアダプティブ回生システムにより、30e xDriveはWLTPサイクルのEVモード航続が、最大90kmに拡大した。また、出力11kWのAC充電を可能にするコンバインドチャージングユニットを搭載しており、スマート充電にも対応している。

●標準装備が大幅に充実

BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」

新型は、従来モデルと比べて標準装備が大幅に充実している。3ゾーン自動エアコン、アコースティックガラス、コンフォートアクセス、自動テールゲート、アラームシステム、BMWライブコックピットプラス(クラウドベースのBMWマップナビゲーションシステム付き)などが含まれる。さらに、ウェルカム&グッバイアニメーション付きのアンビエントライト、ワイヤレス充電機能付きトレイ、Bluetoothインターフェース、4つのUSB-Cポート、センターコンソールとラゲッジコンパートメントに12V電源ソケットを標準装備している。

オプションのBMWライブコックピットプロフェッショナルには、BMWヘッドアップディスプレイとコントロールディスプレイの拡張ビュー機能が追加される。新しい装備パッケージも用意されており、プレミアムパッケージにはランバーサポート、ハーマンカードン製サラウンドサウンドシステム、トラベル&コンフォートシステム、アダプティブLEDヘッドライトがセットされる。コンフォートパッケージには、リアサイドウィンドウ用サンブラインド、フロントのアクティブシートベンチレーション、リアシートヒーターが付く。

BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」BMW X3 新型のPHEV「30e xDrive」

●iDriveシステム・ホーム画面のQuickSelect機能

最新のBMW iDriveシステムを搭載しており、QuickSelect機能により直感的に操作できる。新しいホーム画面は、縦に並んだ機能アイコンを同じレベルで表示し、サブメニューに入らずに機能を直接起動できる。BMWオペレーティングシステム9をベースにしており、追加のデジタルサービスをカスタマイズすることが可能だ。

BMWデジタルプレミアムは、特定のアプリをサブスクリプションベースで車内で使用できるようにする。音楽ストリーミングに加え、ビデオストリーミングオプションも豊富で、AirConsoleを通じてゲームも楽しめる。

また、Apple CarPlayとグーグルAndroid Autoのスマートフォン統合を標準装備しており、BMW IDとMy BMWアプリを使用してユーザーエクスペリエンスをパーソナライズできる。さらに、My BMWアプリを使用して、iOSまたはAndroidを搭載したスマートフォンやApple WatchでBMWデジタルキーPlusを設定することも可能、としている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  2. マツダの新型EVセダン『EZ-6』、長安マツダ南京工場からラインオフ
  3. 「160万円で買うなら、新車の軽? 中古の普通車?」2択アンケート結果は【クルマら部 車論調査】
  4. プロモーションには大谷選手を起用! ダンロップが次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発表
  5. 【ホンダ フリード 新型試乗】“こころによゆう”コンセプトの先に「笑顔」はあるか?…内田俊一
  6. スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
  7. ポルシェ『マカンEV』、後輪駆動のベースグレードを発表…航続はシリーズ最長の641km
  8. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
  9. 【鈴鹿8耐】「Team HRC with 日本郵便」が3連覇、「YART-YAMAHA」は初の表彰台に
  10. トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
ランキングをもっと見る