ホンダ『プレリュード』次期型は赤が似合う? 新写真を公開…市販版は欧州にも投入へ

ホンダ・プレリュード・コンセプト
ホンダ・プレリュード・コンセプト全 5 枚

ホンダの欧州部門は7月8日、『プレリュード・コンセプト』の新写真を公開した。また、市販モデルを欧州市場に投入することも発表している。

プレリュード・コンセプトは、2023年の「ジャパンモビリティショー」で初公開。この時のボディカラーはホワイト。今回公開された新写真では、赤いボディカラーをまとっている。

次期プレリュードは、走る楽しさと燃費効率のバランスを実現することを目指している。ホンダが長期的に取り組んできた電動化へのコミットメントをスタイリッシュかつダイナミックな形で体現したという。

ホンダ・プレリュード・コンセプトと初代プレリュードホンダ・プレリュード・コンセプトと初代プレリュード

初代プレリュードは45年前に欧州デビューを果たし、2001年までの5世代にわたりホンダの最新技術を搭載した高性能モデルとして知られていた。次期プレリュードは、その名にふさわしいスタイルと洗練さを持ち、ハイブリッドパワートレインを搭載して、欧州市場に再登場する。

プレリュードという名前は音楽の前奏曲を意味し、ホンダのスポーツパフォーマンスへのコミットメントを象徴するモデルとして位置づけられている。これは、ホンダが欧州の顧客に、走る喜びを提供する一例という。

さらに、プレリュードはホンダの自動車電動化戦略の一環として、ハイブリッドパワートレインの重要性を示している。ホンダは2040年までに新車販売の100%をEVまたは水素燃料電池車にすることを目指している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  2. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る