メルセデスベンツ、独工場に新技術センター開設…電動トラック用のモーターを開発

メルセデスベンツのドイツ・ガッゲナウ工場に新技術センターを開設
メルセデスベンツのドイツ・ガッゲナウ工場に新技術センターを開設全 2 枚

ダイムラー・トラックは7月5日、メルセデスベンツのドイツ・ガッゲナウ工場において、新たな技術センターが開設された、と発表した。

このセンターでは、電動トラック用のモーターの開発とプロトタイプの製造が行われる。ガッゲナウ工場では既に『eActros 300』や『eActros400』、『eEconic』といったEVトラックのコンポーネントをヴェルト工場に供給している。今回の技術センター開設により、電動トラック用モーターの開発とプロトタイプの製造の能力がさらに強化される。


《森脇稔》

アクセスランキング

  1. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  2. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
ランキングをもっと見る