発進時からスポーティ! NISMO『スカイラインNISMO』用スポーツリセッティング TYPE-2を発売

NISMOが『スカイラインNISMO』用の「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」を発売
NISMOが『スカイラインNISMO』用の「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」を発売全 4 枚

NISMOが日産『スカイラインNISMO』(V37)用の「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」を販売開始。専用ECMへ置き換えるファクトリー・ライン商品で、税込価格は部品代・工賃込みで14万3000円。

「NISMOスポーツリセッティング TYPE-2」では、日常使いで多用する「STANDARDモード」の初期~中間のスロットルマップの変更を行い、発進時や加速時によりスムーズでスポーティな加速感を実現する。

日産 スカイラインNISMO日産 スカイラインNISMO

また、AT制御に関連するトルク補正のチューニングを行い、ATモードでのキックダウンの介入速度を変更することで、高速道路の追い越しやワインディングコーナーの立ち上がりなどにおいて、アクセルを踏み足した際のよりリニアな加速Gと鋭いエンジンの吹き上がりが感じられるチューニングが行われている。

なお、ノーマルでも十分にトルクフルで力強い加速フィールを持つ「SPORTモード」「SPORT+モード」については、ノーマルのままとなっている。

《ヤマブキデザイン》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
  2. ワゴンにも「GR」!? トヨタ『GRカローラツーリング』はBMW Mチャレンジャーなのか
  3. 洗車時の悩みをコメリが解決…CRUZARDブランドから「ホーススライダー」「未塗装樹脂コーティング剤」発売
  4. 小さな高級車に「GRヤリス」の技術を投入、レクサス『LBX MORIZO RR』発表 価格は650万円から
  5. 映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
  6. アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
  7. 日産の新型商用車『インタースター』、ユーロCAPで最高評価を獲得
  8. 北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
  9. 「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
  10. ポルシェ『911』初のハイブリッド誕生、3.6リットル電動ターボの「カレラGTS」
ランキングをもっと見る