3年前から停車列車なし…奥羽本線の難所、板谷峠の赤岩駅が廃止 3月12日限り 1枚目の写真(全3枚)

奥羽本線は北は青森、南は福島の双方から建設が始まり、秋田県内の湯沢で繋がったが、赤岩駅がある現在の奥羽本線山形線区間は当初、奥羽南線と呼ばれていた。写真は奥羽南線建設当時、赤岩付近を走行する工事列車。
《写真提供 日本国有鉄道(「日本国有鉄道百年 写真史」より)》 奥羽本線は北は青森、南は福島の双方から建設が始まり、秋田県内の湯沢で繋がったが、赤岩駅がある現在の奥羽本線山形線区間は当初、奥羽南線と呼ばれていた。写真は奥羽南線建設当時、赤岩付近を走行する工事列車。

ピックアップ