JR北海道唯一のSL列車を守れ…『SL冬の湿原号』の車両をリニューアルへ 2021年度から (4/9)

C11 171の全般検査やボイラー修繕の様子。全般検査は2013年以来のことで、台枠や台車といった主要部分の摩耗やひび割れなどが発生。ボイラーは、蒸機機関車のボイラー修繕で名高い大阪のアチハへ送られ修繕される。
《写真提供 北海道旅客鉄道》 C11 171の全般検査やボイラー修繕の様子。全般検査は2013年以来のことで、台枠や台車といった主要部分の摩耗やひび割れなどが発生。ボイラーは、蒸機機関車のボイラー修繕で名高い大阪のアチハへ送られ修繕される。