VW『ゴルフ』『ボーラ』がよりアクティブでパワフルに

自動車 ニューモデル 新型車
VW『ゴルフ』『ボーラ』がよりアクティブでパワフルに
VW『ゴルフ』『ボーラ』がよりアクティブでパワフルに 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは『ゴルフ』『ボーラ』シリーズに新型エンジンや電子制御スタビリティーコントロール、大型ミラーを採用するなど、一部仕様変更をおこない、9月10日より販売を開始した。

今回の仕様変更で『ゴルフ E』『ゴルフ Wagon E』には電子スロットル化した新型102psエンジンが採用され、ESP(電子制御式車両安定装置)、EDS(電子制御式ディフェレンシャルロックシステム)が標準装備される。

『ゴルフ GTI』のAT車、『ゴルフ GTX』は5速ティプトロニックトランスミッションが採用された。

また『ボーラ V5』についても電子スロットルとし、4バルブの新型170psエンジンに仕様変更。吸排気系に可変バルブタイミングシステムを採用。ESP、EDSを標準装備した。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォルクスワーゲン ID.4
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ