マツダ『ロードスター』に2.0リットルエンジン搭載---MPS量産化へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物
マツダ『ロードスター』に2.0リットルエンジン搭載---MPS量産化へ
マツダ『ロードスター』に2.0リットルエンジン搭載---MPS量産化へ 全 1 枚 拡大写真
マツダは『ロードスター』に2.0リットルエンジンを搭載した試作モデル『MX-5 MPS』を制作、量産化の検討に入ったと、21日付けの日経産業新聞が報じている。

今回試作されたMX-5には、出力200馬力の2.0リットルエンジンを搭載し、6MTが組み合わされているという。現行のロードスターに搭載されたエンジンは1.6リットルと1.8リットルの二種類だが、高出力エンジンを搭載機種追加による顧客開拓などを検討するとしている。

「MX-5」はロードスターの欧州名。『ロードスター/MX-5 MPS』はフランクフルトに参考出品され、おそらく東京モーターショーにも出品される。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ R.S.トロフィーR 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスマイバッハ 初のSUV「マイバッハGLS」(仮)プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2001/09/21/11865.html/article/2001/09/21/11864.html