マツダ、ついに黒字復活か---『トリビュート』効果で大幅改善!!

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ、ついに黒字復活か---『トリビュート』効果で大幅改善!!
マツダ、ついに黒字復活か---『トリビュート』効果で大幅改善!! 全 1 枚 拡大写真
マツダが発表した2001年9月期の連結中間決算は、連結売上高が前年同期比3.2%増の1兆0382億、連結営業利益が112億、連結経常利益も48億円となり、増収増益となった(既報)。2期ぶりの黒字。アメリカ市場での販売好調と、早期退職制度によるコスト削減が貢献した模様。

新車売上台数は横ばいの49万3000台。日本は同11.2%減の14万7000台と大幅にダウンした。しかし、北米が『トリビュート』、『プロテジェ5』(日本名『ファミリア』)の販売好調で、同25.0%増の18万4000台となって、増収増益となった。

また、早期退職者制度で、労務費などの固定費の削減やコスト削減、円安で為替差益が発生したことも貢献した結果、当期純利益は13億円となった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ ロードスター30周年記念車
  • マツダとトヨタの米国合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」くわ入れ式(2018年11月)
  • 9年目の現行アテンザ。フルモデルチェンジは新開発アーキテクチャで?
  • 東芝の二次電池 SCiB
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2001/11/12/13097.html/article/2001/11/12/13096.html