マツダ、ついに黒字復活か---フィールズ社長も安泰!? 2期ぶりに復配へ

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ、ついに黒字復活か---フィールズ社長も安泰!? 2期ぶりに復配へ
マツダ、ついに黒字復活か---フィールズ社長も安泰!? 2期ぶりに復配へ 全 1 枚 拡大写真
マツダは12日、2002年3月期連結決算で黒字に転換する見通しを発表した。2002年3月期の連結売上高は前年同期比3.7%増の2兆0900億円、連結営業利益が前年から319億円改善して170億円、当期利益が前期よりも1565億円改善して13億円と黒字に転換する見通しだ。早期退職者制度で人員削減が進んだのに加え、為替差益が見込めるためだ。マツダが黒字転換するのは2期ぶり。

マツダ単独の2002年3月決算は売上高が同2.8%増の1兆3600億円、営業利益が100億円、経常利益100億円を見込んでおり、期末に2期ぶりに復配する。配当は1株当たり2円を予定している。

マツダが黒字決算の見込みとなったことから、親会社のフォード・モーターのナッサー社長の交代で噂となっていたマツダのフィールズ社長の交代は先送りされるとの見方も出ている。ただ、フィールズ社長交代の「花道」を飾ったとの意見も。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ 3 の2020年モデル(北米仕様)
  • 第57回技能五輪全国大会 マツダ所属の入賞者(左から池島選手、藤村選手、坂本選手、福田選手、柴内選手)
  • マツダ CX-30の米国仕様車
  • マツダ生産技術見学会
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2001/11/12/13098.html/article/2001/11/12/13097.html