【リコール】『トリビュート』、『エスケイプ』の後ろについたら注意

自動車 社会 行政
【リコール】『トリビュート』、『エスケイプ』の後ろについたら注意
【リコール】『トリビュート』、『エスケイプ』の後ろについたら注意 全 1 枚 拡大写真
マツダは12日、SUV『トリビュート』、『エスケイプ』のブレーキランプスイッチに不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。2000年10月から今年6月までに生産された2万1114台が対象。

ペダルブラケット加工時のオイルが部品に残り、ランプスイッチの接点に浸入してブレーキランプが点灯しなくなるほか、ATのシフトロック機能が解除できなくなるおそれ。これまでに13件の不具合が見つかっている。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ 執行役員 R&D管理・商品戦略・技術研究所担当 工藤秀俊氏
  • マツダ CX-30 新型
  • マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT
  • マツダ3 SKYACTIV-X
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2002/09/12/19593.html