シボレー『トレイルブレイザー』に新機種追加、最強V8エンジン搭載モデルも

自動車 ニューモデル 新型車
日本ゼネラルモーターズ(GM)は、新型シボレー『トレイルブレイザー』を9日から発売すると発表した。トレイルブレイザーは、オンロードとオフロード性能を兼備えたミッドサイズSUVで、新型では従来の「LT」、「LTZ」の2機種に加え、「EXT LT」を新機種として導入する。

新機種は、ホイールベースと全長を410mm拡大、7人乗車でゆったりとくつろげる室内空間と広いカーゴスペースを両立した。3列目シートは、十分なレッグルームを確保、可倒式シートを2列目に採用して乗降性を向上させるとともに、3点式シートベルトを全車標準装備した。

エンジンは直列6気筒4.2リットルと、V型8気筒5.3リットルの2種類を準備した。特にレザーシート仕様の上級機種にはオールアルミブロックエンジンを搭載する。

販売計画は3機種で2500台。価格はEXT LTのL6が391万6000円、V8が452万円。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ