【新型ダイハツ『ミラ』発表】デザイナーご自慢の面構成をしっかり見てください

自動車 ニューモデル 新型車
【新型ダイハツ『ミラ』発表】デザイナーご自慢の面構成をしっかり見てください
【新型ダイハツ『ミラ』発表】デザイナーご自慢の面構成をしっかり見てください 全 2 枚 拡大写真
新型『ミラ』、『アヴィ』は一見するとスッキリした面構成のようにも見えるが、実は複雑な形状となっている。近寄って、じっくりと眺めないとわからないのが難点だが、角度によっては非常にスタイリッシュにも、ダイナミックにも見える。

「実はこれがミラをしっかりと見せる秘訣なのです」と説明するのは、ミラのデザインを手掛けた第一デザイン室の上山喜代治室長。

デザインコンセプトのうち、前提条件としていたのは「タイヤをできるかぎり外側に配置し、安定感を強調するということ」だった。ただし、女性をターゲットとしている以上、「必要以上に大きく見せてはいけない」という相反する条件もあった。さらには「室内空間をできるかぎり確保したい」という設計からの要求もあったが、結果的にはこれらを全てクリアさせた。

「タイヤハウスあたりが一番外側で、同じ高さのドア面はわずかに引っ込めて内側に傾斜してあります。こうすることでタイヤハウスの張り出しが強調される。下降するウインドーの収納スペースと、ひじかけ配置の問題があり、ショルダー部分がボディ面の最大幅になり、頭上に向かうにつれて軽く傾斜させてある。だから上方から眺めるのと、下から眺めるのでは大きさも若干違うように感じるはずです。目の錯覚みたいなものですが…」と語る。

しゃがみこんだ状態で後方から前方を、ちょっと上向き加減で眺めると「ダイナミックなミラ」に、立った状態で前方のフェンダー端あたりから眺めると「スタイリッシュなミラ」に見えるという。複雑な面構成の成せる技とのことだが、これはご自分の目でお試しあれ。

●おっと、これは?! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け。自動車業界、クルマライフのトレンドをキャッチアップ!---

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ・タント・スローパー
  • ダイハツ タント 新型(カスタム RS)
  • ダイハツ LOVE LOCALイベント 2019年度第3弾
  • ソケット充電式LEDライト(日産)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2002/12/24/21595.html/article/2002/12/24/21596.html