【改善対策】意外とあなどれない静電気---プジョー『306』

エコカー 燃費
【改善対策】意外とあなどれない静電気---プジョー『306』
【改善対策】意外とあなどれない静電気---プジョー『306』 全 1 枚 拡大写真
プジョー・ジャポンは22日、『306』シリーズ、約1700台の助手席エアバッグに不具合があるとして国土交通省に改善対策を届け出た。98年7月から99年1月までに輸入した306『スタイル』、『カシミール/XSI』、『S16』、『カブリオレ』、『ブレーク』の6車種1686台が対象。

助手席エアバッグモジュールにアースが不充分なものがあり、助手席乗員が床に足をつけないで長時間乗車してからダッシュボードなどに触れた場合、体に帯電した静電気により、助手席エアバッグが作動するおそれがある。これまでに6件の不具合が見つかっており、うち2件は乗員が負傷したという。

《編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る