【リコール】インジェクター用Oリングの不具合---いすゞSUVほか

エコカー 燃費
【リコール】インジェクター用Oリングの不具合---いすゞSUVほか
【リコール】インジェクター用Oリングの不具合---いすゞSUVほか 全 1 枚 拡大写真
いすゞ自動車は23日、『ビッグホーン』など4車種のインジェクター用Oリングに不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。

98年2月から2000年3月までに生産されたビッグホーンとホンダ『ホライゾン』、あわせて9124台と、98年3月から2001年3月までに米国工場で生産され、日本で販売された『ミュー』、『ウィザード』、9412台が対象だ。

Oリングの耐熱性不足により、経年劣化で燃料がエンジンオイルに混入、ブローバイホースを通じて吸気系に戻り、エンジン回転が上昇するおそれ。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ