【リコール】スバル『サンバー』が車両火災のおそれ

エコカー 燃費
【リコール】スバル『サンバー』が車両火災のおそれ
【リコール】スバル『サンバー』が車両火災のおそれ 全 1 枚 拡大写真
富士重工業は25日、軽自動車のスバル『サンバー』のATに不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。99年3月から2000年6月までに生産された1万9867台が対象。

トルクコンバーターとリングギアの溶接が不適切なため、リングギアが折損してオイルクーラー配管を損傷し、オイル漏れから火災を起こすおそれ。これまでに車両火災5件が発生しているという。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル群馬製作所本工場
  • 台風19号の被災状況(10月15日、茨城県水戸市)
  • スバル・フォレスター(北米仕様)
  • スバルの米国工場SIAが生産600万台を達成。左が初代レガシィ、右が600万台目となった新型レガシィ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2003/07/25/52715.html/article/2003/07/25/52712.html/article/2003/07/25/52714.html