【東京ショー2003出品車】ダイハツ『XL-C』---合理性以外の価値

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京ショー2003出品車】ダイハツ『XL-C』---合理性以外の価値
【東京ショー2003出品車】ダイハツ『XL-C』---合理性以外の価値 全 2 枚 拡大写真
軽自動車における経済性、合理性以外の価値---なかでもクオリティの追求を試みたのが、コンセプトカー『XL-C』。外板に樹脂パネルを多用した完全なスタディモデルだが、デザインの完成度は量産車レベルだ。

エクステリアは曲面を多用した、普通乗用車然としたもの。軽自動車は通常、室内スペースをできるだけ広く取るために、サイドシルをあまり絞らない角形デザインになりがちだが、XL-Cはサイドパネルに丸みをつけ、小型車のような有機的デザインとしている。

さらに特徴的なのは「情感を大切にした」(ダイハツ関係者)というインテリア。シート表皮、トリム、ダッシュボードはすべて本革張りで、車内には高級車のようなレザーの香りが漂う。シートは背もたれ、座面ともに分厚く作られ、パセンジャーに伝わる路面の衝撃を軽減する。ホイールストロークを大きく取れない軽自動車では有効な対策だ。

現在のところXL-Cは市販化される予定はないが、コンセプトは新車開発に活用されるという。

《井元康一郎》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ・トール改良新型
  • ダイハツ・トール・アナザースタイルパッケージ装着車
  • トール MODELLISTAパーツ装着車両
  • ダイハツ・トール改良新型
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ