マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に
マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に 全 3 枚 拡大写真
マツダは、『トリビュート』を初めてマイナーチェンジして15日から発売した。フォード製だった4気筒モデルのエンジンをマツダ製の「MZR」エンジンに切り替え、内装なども変更した。

今回のマイナーチェンジで、『MPV』にも搭載している2.3リットルMZRエンジンを新たに搭載し、4気筒モデルの走りの基本性能を向上させたと、している。

エクステリアは、リアコンビランプや一部グレードのアルミホイールのデザインを一新した。

また、インテリアは、オーディオリモートコントロールスイッチ付キの3本スポークタイプステアリングやマップランプ組込の大型オーバーヘッドコンソール、シート生地を変更し、スポーティ感と質感を高めた。

機種体系はグランドイルミネーションランプなど、アウトドアレジャーに役立つ装備を充実した新グレード「FB-X」など、3機種5タイプを設定した。

価格は「LX」(4WD)が従来の2万2000円アップの202万円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ R360クーペとマツダ100周年特別記念車
  • マツダ3 の2.5ターボ(北米仕様)
  • 加速抑制装置搭載イメージ図
  • マツダ R360クーペ と CX-30 100周年特別記念車
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ