マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に
マツダ『トリビュート』、心臓を日本製に 全 3 枚 拡大写真
マツダは、『トリビュート』を初めてマイナーチェンジして15日から発売した。フォード製だった4気筒モデルのエンジンをマツダ製の「MZR」エンジンに切り替え、内装なども変更した。

今回のマイナーチェンジで、『MPV』にも搭載している2.3リットルMZRエンジンを新たに搭載し、4気筒モデルの走りの基本性能を向上させたと、している。

エクステリアは、リアコンビランプや一部グレードのアルミホイールのデザインを一新した。

また、インテリアは、オーディオリモートコントロールスイッチ付キの3本スポークタイプステアリングやマップランプ組込の大型オーバーヘッドコンソール、シート生地を変更し、スポーティ感と質感を高めた。

機種体系はグランドイルミネーションランプなど、アウトドアレジャーに役立つ装備を充実した新グレード「FB-X」など、3機種5タイプを設定した。

価格は「LX」(4WD)が従来の2万2000円アップの202万円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ ロードスター30周年記念車
  • マツダとトヨタの米国合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」くわ入れ式(2018年11月)
  • 9年目の現行アテンザ。フルモデルチェンジは新開発アーキテクチャで?
  • 東芝の二次電池 SCiB
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2003/12/15/56344.html/article/2003/12/15/56352.html/article/2003/12/15/56343.html