ホンダ『モビリオスパイク』をマイナーチェンジ、外観も変更

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ『モビリオスパイク』をマイナーチェンジ、外観も変更
ホンダ『モビリオスパイク』をマイナーチェンジ、外観も変更 全 4 枚 拡大写真
ホンダは、コンパクトなボディの『モビリオスパイク』をマイナーチェンジして12日から発売すると発表した。

今回、大型メッキグリルとリアバンパーガーニッシュを採用して、質感の高い精悍なデザインとした。また、グレードの「W」と「A」には、リアカメラ付・音声認識ホンダHDDナビゲーションシステムの採用やイモビライザーと撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮など、オプション装備の充実を図った。

新たに施行された平成17年排出ガス規制に全タイプ適合し、平成17年排出ガス基準50%低減レベル(★★★)認定を取得し、高い環境性能を実現した。

価格は135万〜168万円で、全グレード1000円値上げした。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV