【リコール】AT車全盛ですが…スズキのMT車ほか

エコカー 燃費
スズキは4日、『ワゴンR』など軽自動車7万台と、白バイのリコールを国土交通省に届け出た。

97年2月−2000年4月に生産した『アルト』、『Kei』、『ワゴンR』、マツダ『キャロル』、『ラピュタ』、『AZワゴン』のMT車、合わせて7万220台はギヤシフトコントロールケーブルのインナーケーブル強度が不足しているため、急激なシフト操作を行うとケーブルが折損し、シフト操作ができなくなるおそれ。

これまでに5件の不具合が見つかっている。

一方、白バイ『GSF1200P』は03年12月−04年2月に生産した227台が対象で、前後輪のスピードセンサーに製作工程が原因のアルミ片が挟まり、ABSが動作しなくなるおそれがあるという。

《編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  10. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
ランキングをもっと見る