【日産 ムラーノ発表】新型車6車種を一斉に披露

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 ムラーノ発表】新型車6車種を一斉に披露
【日産 ムラーノ発表】新型車6車種を一斉に披露 全 4 枚 拡大写真
2日、日産は高級SUV『ムラーノ』の報道発表会で、今年度末までに国内発売予定の新型車6車種を一斉披露した。

この日、報道陣に披露されたのは、同日から発売が始まるSUVの『ムラーノ』、9月下旬に発売予定の5ドアハッチバックの『ティーダ』、『セドリック/グロリア』の後継モデルとなる高級セダンの『フーガ』、ティーダのセダンタイプとなる『ティーダ ラティオ』、リバティの後継車種となる『ラフェスタ』、マーチがベースのコンパクトカー『ノート』の6車種。

発表会の席上、日産自動車社長カルロス・ゴーン氏は、ムラーノの発表会で6車種を同時に披露した理由について「私達は全く新しいネーミングを待つ、新型車6車種を短期間で導入します。そのため、皆様に新しいクルマ達により慣れ親しんでもらうために、このような場で先に一斉に披露することといたしました」

「また、一度に複数の新型車を披露することで、今後私達がどのようなプランで、何を提供していくかということが、皆様にご理解いただけると思っています」とコメント。

日産は中期経営計画「NISSAN 180」の中で、全世界での100万台増産をうたっており、これらの新型車は、その達成に大きく貢献するものと予想される。国内に導入される新型車を一斉に披露することで、100万台のうちの22万台を占める日本市場での増産に拍車を掛けるつもりのようだ。

《岡島裕二》

この記事の写真

/
Response.TV