【ダイハツ・ミラジーノ詳報】 ベンチマークはVWポロ

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ・ミラジーノ詳報】 ベンチマークはVWポロ
【ダイハツ・ミラジーノ詳報】 ベンチマークはVWポロ 全 4 枚 拡大写真
『ミラジーノ』のウリは、クラシカルなエクステリアデザインとモダンなインテリアを持ち合わせているところだろう。販売上のライバルは価格帯が近い、スズキの『アルトラパン』ということだが、走りに関しての方向性は欧州車をベンチマークに置いていたようだ。

ダイハツ工業製品企画部チーフエンジニアの福塚政広さんは「ミラジーノが採用するプラットフォームを設計する際は、ルノー『クリオ』をベンチマークに開発を進めました。そして多少足回りを引き締めたミニライトスペシャルに関しては、VWポロを判断基準に置いています。それでも、まだポロよりは柔らかいですが」と説明する。

ミラジーノの標準車の走りは、市街地の快適性を意識しているため、ステアリングを切った瞬間の初期のロールが大きい。ただし、ロールはするものの、すぐにアンダーステアになるのではなく、意外にその先からでも粘ってくれるので、そのままの姿勢で曲がっていってくれる。

ミニライトに関しては初期のロールも少なく、コーナリング中の安定感もより高められている。

福塚さんは「このプラットフォームは、ロールはしてもリアの高いスタビリティは確保するように設計されています。FF車はリアの動きが重要ですから」と語る。

ミラジーノの走りは、厳密には欧州車のテイストとはいかないものの、方向性としてはじゅうぶんにそのテイストを感じられるフィーリングに仕上がっている。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レトロな軽たち
  • 【今が売り時の車】ダイハツ ミラジーノ…ベースがフルモデルチェンジ
  • 愛車を上質、エレガント、お買い得なダイハツ ミラジーノ 特別仕様に代える
  • ダイハツ ミラジーノ に特別仕様プレミアムL
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ