ツーリズムデザイン---クライスラー300でオーランドを行く

自動車 社会 社会
ツーリズムデザイン---クライスラー300でオーランドを行く
ツーリズムデザイン---クライスラー300でオーランドを行く 全 7 枚 拡大写真
利用するクライスラー300は日本市場にはないベースモデルで、2.7リットルV6エンジンは190HP表示のアメリカスペックとなる。これに4速ATが装備されるが、平坦で広いオーランドの道路事情もあって、発進加速もスムーズ。ボンネットの形状から見切りや視界も良好。直進や旋回時の取り回し。さらに乗降頻度の多さにも関わらず疲労感がなく、これには軽い操舵感やホールド性のあるシートポジションが寄与している。

存在感のあるプロポーションは、オーランドのダウンタウンはじめ、宿泊したリッツカールトン・オーランド・グランド・レイクのリゾートにも似合うなど、上質感を備えたアメ車となっている。1955年に登場しレースで活躍した「C-300」のDNAを現在のモデルまで継承してきており、呼称からも特別なクルマであることを伝えている。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《浜田拓郎》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ

Response.TV