クライスラー アキノ、西海岸発の日本コンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー
クライスラー アキノ、西海岸発の日本コンセプト
クライスラー アキノ、西海岸発の日本コンセプト 全 1 枚 拡大写真
クライスラーは、来る東京モーターショーで、新しいコンセプトカー『アキノ』を紹介すると期待される。コンパクトのワンボックスボディで5人乗りの小型ワゴン。アキノというネーミングは、デザイナーのツチヤ・アキノ氏の名前から取られたという。

非常に日本的なコンセプトを持ったクルマで、例えばフロア材には竹が使われている。その他、シートの素材などにも自然素材やリサイクル可能な素材が多用され、環境に優しくヒューマンな雰囲気を持ったクルマとして注目を集めそうだ。

カリフォルニアのダイムラークライスラー・パシフィカ・アドバンスド・デザインセンターで生まれた日本テイストの、日系デザイナーによる車は東京でどのような評価を得るのだろうか。

ダイムラークライスラーの日本法人では、現時点で東京モーターショーの出展内容は未定としているが、今後の動向には要注意だ。

《Sachiko Hijikata, US editor》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 第46回東京モーターショー2019
  • OPEN ROADエリアには展示車両も用意される予定。
  • 東京モーターショー2017 シトロエンブース
  • 東京モーターショー2017(VW)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2005/09/20/74471.html/article/2005/09/20/74485.html/article/2005/09/20/74498.html