トヨタ、北米に最小セダン ベルタ を投入

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ、北米に最小セダン ベルタ を投入
トヨタ、北米に最小セダン ベルタ を投入 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は26日、来年から北米市場に同社では最も小型のセダン『ベルタ』(排気量1.0−1.3リットル)をベースにした新モデルを投入する計画を明らかにした。

ガソリン価格の上昇で燃費性能の高い車が評価されているため。また、韓国・現代自動車グループによるエントリーカー市場での販売攻勢に対抗する。

トヨタは『bB』(先代)をベースにした小型ミニバン『xB』を若年層向けの販売チャンネル「サイオン」で扱い、エントリーカー市場でも順調に販売を伸ばしている。ベルタを元にした新モデルは「トヨタ」チャンネルで扱い、ファミリー向けのエントリーモデルとして販売する計画だ。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ カローラアクシオ
  • トヨタ・ヴィッツ(2003年)
  • 改善箇所
  • トヨタ ベルタ 一部改良…燃費22.5km/リットル
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ