【インテグラシリーズ】Team SPEC7「HP・Response DC5」の順位は?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【インテグラシリーズ】Team SPEC7「HP・Response DC5」の順位は?
【インテグラシリーズ】Team SPEC7「HP・Response DC5」の順位は? 全 1 枚 拡大写真
4日、仙台ハイランドレースウェイにおいて、「ホンダ エキサイティングカップワンメイクレース2006--インテグラシリーズ--」東北シリーズの第2戦が開催され、Team SPEC7「HP・Response DC5」實方 一世選手は4位入りした。

午前中には公式予選が行われ、自己ベストタイムの2分03秒765で3番手を獲得。午後2時にスタートした決勝レースは、雲が出てきたものの気温22と絶好のコンディション。

レッドシグナル消灯で良いスタートを切ったものの、1コーナーでのポールショット争いに行き場所をなくし5番手まで後退。また、ヘアピンコーナーで#19成澤選手にパスされ6番手となったが、ここから追い上げが。

まず、8周目に#8石川選手を最終コーナーのアウト側から並びかけ、サイドバイサイドで1コーナーに進入して3コーナーでパスすると、10周目に#40小幡選手を最終コーナーからメインストレートで並び1コーナーでパスして4番手に。勢いに乗り3番手の#19成澤選手より速いペースで追うものの、ファイナルラップで捕らえることが出来ずここでチェッカーを受けた。

F1日本GPサポートレースへの東北シリーズからの切符は8枚。ポイントランキングを8位から5位へと上げ、鈴鹿にまた一歩近づいた。

實方選手は「スタート直後で順位を落としてしまったのは残念ですが、2台抜き返すことも出来ましたし、次につながる自信になりました。次戦のSUGOもこの調子で頑張ります!」と意気込みを語った。
 
1位はNUTECエンドレス神取DC5の水越真一選手が開幕2連勝。第3戦は7月22日〜23日とスポーツランドSUGO(宮城県)で、スーパーGTシリーズ第5戦のサポートレースとして開催される。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • 懐かしのカーカタログ
  • ホンダ・ライフ(1997年)
  • 初代アキュラ・インテグラ・タイプR のレーシングカーと市販モデル
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ