ダイムラークライスラー日本、上半期の販売実績を発表

自動車 ビジネス 企業動向
ダイムラークライスラー日本、上半期の販売実績を発表
ダイムラークライスラー日本、上半期の販売実績を発表 全 1 枚 拡大写真
ダイムラークライスラー日本は、ブランド別の上半期(1−6月)の販売実績を発表した。

それによると、メルセデス・カーグループのメルセデスベンツは前年同期比13.6%増の2万6362台で好調だった。新型『Mクラス』や新型『Sクラス』、新たに導入した『Bクラス』と『Rクラス』が好調だった。スマートは、『スマートK』や『ロードスター』/『ロードスタークーペ』の販売終了で同19.5%減の1163台と不振だった。マイバッハも同69.2%減の9台だった。

クライスラーグループはクライスラーが同11.6%減の1900台と低迷したものの、ジープは『コマンダー』の販売が健闘し、同7.8%増の1215台と、順調だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クライスラーグループの米国ミシガン州ウォーレン工場
  • 新社名はダイムラー
  • 【フランクフルトモーターショー07】メルセデスベンツ “The Road to the Future” 写真蔵
  • クライスラーグループ、サーベラスへの売却手続きが完了
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV