【パリモーターショー06】ダイハツの スポーツ コンセプト 群

自動車 ニューモデル モーターショー
【パリモーターショー06】ダイハツの スポーツ コンセプト 群
【パリモーターショー06】ダイハツの スポーツ コンセプト 群 全 4 枚 拡大写真
ダイハツの小型SUV『テリオス』(日本名『ビーゴ』)の背面タイヤキャリアを外し、車高を下げたストリート仕様の『テリオス・スポーツ・コンセプト』がパリモーターショー(一般公開:9月30日−10月15日)に登場した。

テリオス・スポーツ・コンセプトの動力系スペックは、1.5リットルDOHCエンジン、フルタイム4輪駆動と5速MTとの組み合わせと、ベーシックは『テリオス』と共通。いっぽう専用チューニングのサスペンションを採用、ブレーキも4輪ディスク化し、225/50R18のスポーツタイヤが装着されている。

外観上の大きな相違点は、全長が50mm短く3945mmとなり、全高は25mmローダウンした1670mmになっていること。背面タイヤキャリアを廃しバックドアも一新されているところだ。

ダイハツはスポーツコンセプトとして『シリオン』(日本名『ブーン』)ベースの『シリオン・スポーツ・コンセプト』も発表した。 こちらはFFベースで4輪ディスクブレーキ、195/45R-16スポーツタイヤ、専用エアロが装着されている。

《ケニー中嶋》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • BMW M5 改良新型 スクープ写真
  • 日産 の新型EVクロスオーバーは、「iMX」の市販型となるか。画像は予想CG
  • DS 8 開発車両 スクープ写真
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/10/04/86690.html/article/2006/10/04/86716.html/article/2006/10/04/86700.html