【インプレ'06】岡島裕二 ダイハツ『ソニカ』 軽を凌ぐ走り

試乗記 国産車
【インプレ'06】岡島裕二 ダイハツ『ソニカ』 軽を凌ぐ走り
【インプレ'06】岡島裕二 ダイハツ『ソニカ』 軽を凌ぐ走り 全 1 枚 拡大写真
ハイトワゴン全盛の軽自動車市場に一石を投じた一台。全高は低いものの、室内幅は軽自動車最大とあって、狭さを感じることはない。そして何よりも注目すべきは、優れた動力性能だ。

新型のターボエンジンと新開発のCVTのデキはすこぶるいい。パワフルなエンジンと、そのパワーを有効に引き出してくれるCVTの組み合わせは軽自動車ナンバーワンのパワートレーンだ。

フットワークも秀逸で、乗り心地も上々。ホイールベースが長いので、スポーティな感じは薄いが、ロングツーリングでも疲れにくい快適さを持っている。

高回転まで回したときは、CVTのキーンといった甲高い音が聞こえてくるが、普段の走行中は遮音性が高く、下手なコンパクトカーよりも室内は快適だ。

あまり、台数の出るジャンルのクルマではなく、ターボエンジンしかないので価格帯も高めになってしまうが、走りと快適性は軽自動車でもトップレベル。高い満足度が得られそうな軽自動車だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


岡島裕二| モータージャーナリスト
20代前半にレースの参戦資金調達のために自動車専門誌に勤務。その後Web編集者を経て、2003年よりフリーモータージャーナリストに転身。レース経験を生かした試乗インプレッションと、貧乏生活から芽生えた価値観をもとに、クルマの本質を鋭く分析。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • トヨタ ヤリスクロス
  • VW ゴルフ ヴァリアントTDI ハイラインマイスター。夕刻の薩摩半島南端を走行中。背後に見えるのは本土最南端の火山、開聞岳。
  • ルノー トゥインゴ EDC キャンバストップ
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ