【インプレ'06】熊倉重春 ダイハツ『ソニカ』 コンパクトカーを脅かす

試乗記 国産車
【インプレ'06】熊倉重春 ダイハツ『ソニカ』 コンパクトカーを脅かす
【インプレ'06】熊倉重春 ダイハツ『ソニカ』 コンパクトカーを脅かす 全 1 枚 拡大写真
軽だと思ってナメんなよ。『ソニカ』は長距離クルージングだって涼しい顔でこなす大傑作車だ。流行のバン系より全高を下げ、そのぶん重心を低くしたのがポイントだが、それでも外観から想像するより室内の広々感は凄い。シートもたっぷり大きく座り心地も上級クラスに匹敵する。

楽々と実用的なパワーを生むエンジンと、無段階で自在に変速するCVT の組み合わせも絶妙。サスペンションの動きもジワリと深く、乗り心地には重厚感さえ漂う。加速地にCVT のスチールベルトの唸りが耳につくほかは、指摘すべき欠点なし。これで燃費がよかったら(そこが軽のツラいところ)、リッターカーの立場が危うくなりそうだ。

でも、ここまで努力しておきながら惜しいのはスタイリング。前から見るとホンダ『ライフ』か『ステップワゴン』に似ているし、サイドウインドの輪郭は先代『ストリーム』を連想させすぎる。乗ってしまえば外観は見えないから、まあ、いいか。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

《熊倉重春》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • メルセデスベンツ GLA 新型(GLA200d 4MATIC)
  • アウディ Q3 新型(Q3 35 TDI quattro S line)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ