【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ゼスト』 レース魂光るも

試乗記 国産車
【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ゼスト』 レース魂光るも
【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ゼスト』 レース魂光るも 全 1 枚 拡大写真
顔がまるで怪獣ゼットン。パッケージングは『ワゴンR』や『ムーブ』同様極められていて、こんなに広くてどうすんだ! ってくらいイイが、フロントフェイスのセンスはゼロだね。

最近のホンダのデザインは、ホンダワールドの中だけで完全に煮詰まっているモデルがほとんどで、発展性がまったく感じられない。

ただ、エンジンやミッションはじつにホンダらしく、すごくいい。『ゼスト』の「P07A」型エンジンは、『ライフ』から導入されてるヤツだけど、今回改めて感動しました。ほとんどレーシングエンジンだ。いかにもホンダエンジンらしくビュンビュン回る。ボア×ストロークは、感動的なまでのショートストロークタイプで、なんと71.0mm×55.4mm。かつての空冷ポルシェくらいだ。なのにトルクもある。これがスゴい。

NAエンジン車でもかなり走るけど、ターボモデルはいうことなし。軽のテクノロジーを極めたクルマであることは確か。とにかく顔をなんとかしてください。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。

《清水草一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ Q3 新型(Q3 35 TDI quattro S line)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ダイハツ タフト Gターボ
  • スバル レヴォーグ GT-H(プロトタイプ)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ